2022.1.2 「不安と喜び」


聖書箇所

マタイによる福音書2章1〜12節
1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」3 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。4 王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。5 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。6 『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」7 そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。8 そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。


説教

1.あなたの神は小さすぎる

 だいぶ以前に読んだ本の中に「あなたの神は小さすぎる」と言う信仰書があったことを思い出します。私たちは普段、自分が得た情報や、さらには自分の経験などを自分の重要な判断材料として用いています。
 お札にまでなった福沢諭吉は若い頃、同じ塾で学んでいる一人の秀才が夜こっそりと塾を抜け出していくことに気づきました。その時、諭吉は「きっと彼は夜の街に出て行って、遊んでいるに違いない」と邪推します。そしてある晩、諭吉はこっそりと塾を抜け出すその秀才の後を追いました。すると彼は諭吉が予想していた町の歓楽街を抜けて、街はずれにまでやって来ます。そこは普段から貧しい人が集まる場所で、その秀才は塾で学んだ医学を使ってそこに集まる貧しい人を診察していたと言うのです。その時、諭吉は気づきます。「塾を抜け出して遊びに行きたいと思っていたのは彼ではなく、自分自身だったのだ」と。彼は自分の願望を他人に置き換えて「たぶんあいつも同じだろう」と勝手に思い込んでいたことに気づくのです。
 私たちも福沢諭吉のような失敗を経験することがあるのではないでしょうか。自分が持っている先入観で他人を判断して、勝手に誤解をしてしまうような失敗を繰り返しているのです。私たちがもし、このような誤解を神に対して犯していたらどうなってしまうでしょうか。だからもし、私たちが考えている神が人の罪を赦すことなく、いつもでもその罪を根に持って責め立てるような方であるとしたら、もしかしたらその神の姿は私たち自身の姿を再現しているのかも知れません。ですから私たちが神を正しく知りたいと願うなら、自分の経験に基づく判断から離れて、聖書の言葉に耳を傾ける必要があるのです。
 今日は教会のカレンダーでは「公現日」と呼ばれる祝日です。この日、東の方の国からやってきた占星術の学者たちが救い主イエスに出会い、幼子イエスを礼拝しました。教会はこの出来事を通して聖書の福音の対象がユダヤ人を超えて、全世界の人に広まったと理解し、この日を「公現日」として祝うようになったのです。もちろん、神の救いは初めから全世界のすべての人間を対象にして計画されていたはずです。そしてその救いの計画を全世界に知らせるためにそのメッセンジャーとして選ばれたのがユダヤ人であったと考えることができます。ところがユダヤ人たちは聖書の本来のメッセージを誤解して、「神の救いはアブラハムの子孫である自分たちだけのものだ」と勘違いしてしまったのです。しかし、実際の神の救いの計画はユダヤ人たちの考えていたような一つの民族を対象にしたものではなく、全世界の人々を対象にするような偉大な計画であったのです。なぜなら、全能の神は全世界の人々を救うことのできる力を持っておられるからです。
 もし私たちが自分の経験で、救われる人の対象を狭めてしまっているなら、それは私たちが本当の神の力を忘れてしまっているからだと言えるのです。そのようにしていつの間にか私たちは自分が信じているまことの神を不自由で何もできない方に変えてしまっているのです。ですから、私たちは悔い改めて、聖書を通して示された神の力とその計画に目を向け、その神に信頼をする必要があるのです。

2.どうして不安になったのか
①占星術の学者たち

 さて、今日の聖書の物語には「占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て」(1節)と言う言葉が語られています。エルサレムから見て東の方からやって来た人々、彼らはおそらくメディア、現在のイランからやって来た人々だと考えられています。「占星術」と聞くと私たちはテレビや雑誌の占いコーナーを担当するよう人たちを想像するかも知れません。しかし、この当時のユダヤ以外の社会では、「占星術」の学者たちは天体の運行を観察して、その観察に基づくデーターを参考にして国家の行く末や推測し、王にアドバイスするような重要な役目を担っていました。日本でも平安時代に安倍晴明という陰陽師学者が存在したことが有名ですが。彼も天体の観測などを行って宮中に仕えていたと言われています。つまり、多くの国で占星術の学者は国家の重要な役目を果たしていたのです。
 しかし、聖書の世界はこれらの国々とは違います。なぜなら昔から聖書は占いを禁じているからです。占いは今だ実現しない将来を予想するために行われます。しかし、聖書は将来に対して占いをすることを勧めるのではなく、神を信頼して生きるようにと勧めているのです。そのため、真の神を信じる者にとって占いは不必要なものであるとともに、むしろその神への信頼を蔑ろにする背信行為、つまり罪として厳しく禁じられていたのです。
 そのような前提を通して考えるとユダヤ人ではない異邦人が、しかも彼らは占星術で生計を立てているような如何わしい職業の人々だったのに、救い主を求めてはるばるエルサレムまでやって来たと言うことは驚くべきことだったと言えます。そして、聖書はこれも神の偉大な救いの計画に基づくものであったことを私たちに教えているのです。

②変化を不安に思う人々

 さて、はるか東の国から救い主、彼らが言うところの「ユダヤ人の王」を探しにやって来た占星術の学者たちの行動に対して、本来であれば救い主が与えられることを一番に喜ぶべきであった人々の意外な反応が聖書には記されています。

 「これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。」(3節)。

 実はここに登場するヘロデはユダヤ人たちが認める王ではなく、当時ユダヤを治めていたローマ皇帝に取り入ってこの地位を手に入れた人物でした。ですから彼は自分の手に入れた王位を守るために神殿建設を行ってユダヤ人たちの好意を引こうとしました。また、それとは反対に自分の地位を危うくするような政敵を徹底的に弾圧し、容赦なくその命を奪った人物としても有名なのです。ですから、ヘロデはこの「ユダヤ人の王」の誕生というニュースを聞いて驚きます。ヘロデにとってこのニュースは喜ばしい福音の知らせではなく、自分の地位を危うくするような危険な知らせとして受け止められたのです。また、エルサレムの住民はこのヘロデ王が「何をするかわからない」と言う危機感をいつも抱いていましたから、ヘロデ王と同様に彼らも不安を感じたのです。そしてここに記された人はいずれも自分たちの今の立場が変わってしまうことを恐れたと考えることできます。
 先日、「断捨離」を取り上げる番組を見ていて私は考えさせられたことがありました。断捨離は自分にとって不必要となったものを処分し、自分の生活を整理するという作業であると言えます。番組で一人のお母さんが年を取って昔のように料理ができなくなったので、不必要になった料理道具があると言うことで娘さんが専門家の力を借りてその荷物を整理すると言う場面を撮影していました。案の定、台所を整理をすると今では不必要になった道具がたくさん現れます。しかし、それを捨てるか維持するかをめぐって、そのお母さんは自分ではなかなか決断ができません。私は家族が「おかあさん、これもいらないでしょう」と言う時にとても寂しそうな顔をしていることが気になりました。多分、そのお母さんはそこにあるいろいろな調理道具を使っていままで家族や他のお客さんのためにたくさんのご馳走を作ってきたのだと思います。しかし、年老いたそのお母さんは、今はそれができなくなっているのです。他の人は「だからもういらないでしょう」と簡単に言うことができます。しかしそのお母さんにとってはそこが問題なのかなと私には思えました。なぜなら、そのお母さんはこれからもできればそれらの調理道具を使ってたくさんの人を喜ばせてあげたいと言う思いがあるのです。いままでそれができて来たのです。ですからその調理道具を処分すれば、それができなくなった自分を認めることになります。人間にとってできなくなった自分を認めることはそう簡単なことではありません。私はこのお母さんの姿を見ていて、断捨離とは単なる荷物の整理ではなく、今の自分を、以前のようにできなくなった自分を受け入れることなのだなと思わされたのです。
 私たちも年を取って昔のようにできなくなることがたくさんあります。しかし、そのできなくなった自分を認めることは簡単ではありません。まるで「いらなくなったものを捨てる」と言う行為が、今の自分に向かって「あなたはもういらない」と言われているような寂しい言葉に聞こえて来るのです。もし私たちが変化する自分自身を受け入れることができないなら、私たちはその変化を不安に思うことしかできないのです。

3.星に導かれてイエスに出会う

 占星術の学者たちは毎日天体を観察して生計を立てていました。そしていち早く彼らはその天体の変化に気づくことができました。しかし、彼らはその天体の変化を知って不安に思ったのではありませんでした。彼らはむしろその変化が「ユダヤ人の王」の誕生の知らせだと考えたのです。だからその変化は彼らに喜びをもたらすものとなったのです。もちろん、彼らがこの変化から本当の喜びに導かれるためには、エルサレムへの長い旅を決断して、出発する必要がありました。しかし、彼らは母国での保証された生活を守るよりも、この変化の本当の意味を探るべく救い主を求める旅へと出発したのです。
 彼らのこの度は、私たちにとっては信仰の旅であると考えてよいと思います。私たちの信仰生活は私たちが救い主と出会うための旅のようなものです。そしてその旅にとって私たちの生活に起こった変化は決して私たちを不安に陥れるものではありません。むしろそれは私たちを救い主へと導く星のようなものと考えることできるのではないでしょうか。
 私は今回、この占星術の学者たちの物語を読んでいて一つ気づいたことがありました。それは何かといえば、確かに占星術の学者たちは星に導かれてエルサレムの町までたどり着くことができました。しかし、彼らが本当に救い主イエスに出会うためには、ヘロデ王の宮中で祭司長や律法学者たちから伝えられた聖書の言葉、「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」(5〜6節)と言う神の言葉を聞く必要があったのです。
 ですから本当に私たちが救い主イエスと出会うためにはこの聖書の言葉の助けが絶対に必要なのです。もし、聖書の言葉なしに私たちの人生に起こる変化を見つめるだけなら、私たちの心は不安に縛られて自由を失ってしまうはずです。しかし、もし聖書の言葉によってその変化を見つけていくなら、その変化を通して私たちは救い主に出会い、またその救い主との絆を強くすることができるのです。
 ある有名な神学者は「キリスト者の完全」と言うテーマを取り上げて、私たちが完全なキリスト者になるということは、もう神の助けが不必要だと言う存在になることでないと語ります。だからむしろ、私たちが完全なキリスト者になると言うことは、100パーセント神の助けによって生きる者となると言うことなのです。そして私たちはこの完全なキリスト者なるために信仰の旅を続けているのです。

4.不安を御子にゆだね断捨離した学者たち

 さて占星術の学者たちは星に導かれ、聖書の助けを借りてベツレヘムの町で幼子イエスに出会うことができました。そして彼らは幼子イエスを礼拝し、持って来た宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてそのイエスにささげました。彼らはこの時、自分たちの持っていた最上の品物をささげて救い主イエスに対する自分たちの信仰を表したと考えることができます。
 しかし、別の意味ではこの品物をささげると言う行為は彼らにとって「断捨離」だったとも考えることできるのです。なぜなら、彼らの持って来た品物は占星術の学者が普段使っていた大切な商売道具であったと言う説があるからです。今まで彼らはそれらの道具を使って、将来に不安を感じる人々の未来を占うと言うことをしてきました。だから、その商売道具を幼子にささげたということはその将来に対する不安がすでに取り去られたことを意味していると考えることができます。
 彼らは幼子イエスに出会うことによって、自分の人生に起こる変化も、またこの世界に起こる変化も、神が自分たちと世界を救うために起こっていることを確信することできました。だからもはや彼らは変化を恐れる必要がなく、すべてを神に信頼し、その神にお任せすればよいと信じることができのです。
 すべての世界の民に神の秘められた計画が明らかになった公現日を祝うこの祝日に、私たちも救い主イエスを通して明らかにされた神の計画に目を向けたいと思います。なぜなら、私たちの人生に起こる変化も、この世界に起こる変化も、私たちに救いが実現するためのものであることをこのイエスを通して私たちも確信することができるからです。このように救い主イエスは私たちが抱く不安を必ず喜びに変えてくださる方であると言えるのです。


聖書を読んで考えて見ましょう

1.ヘロデ王の時代に東の方からエルサレムにやって来た占星術の学者たちは、何を探しにそこまでやって来たのですか。彼らはそのことを何で知ったのでしょうか(1〜2節)。
2.どうして占星術の学者たちからこの知らせを聞いたヘロデ王は不安を抱いたのですか。同様に、どうしてエルサレムの人々も不安を抱いたのだと思いますか(3節)。
3.占星術の学者たちはヘロデの王宮でどのような情報を手に入れることができましたか。彼らの聞いた情報の出所はどこにありましたか(4〜5節)。
4.この時、ヘロデは占星術の学者たちに何を願いましたか。ヘロデがそのように願った理由は何ですか(7〜8節、16〜18節)。
5.占星術の学者たちはベツレヘムで幼子イエスを見つけ出すと、イエスに何をしましたか。彼らのその行為にはどのような意味が込められているとあなたは思いますか。(11節)