Message 2011 Message 2009 Message 2008 Message2006 Message2005 Message2004 Message2003
カルヴァン
キリスト教綱要
礼拝説教 桜井良一牧師
本文の転載・リンクをご希望の方は教会迄ご連絡ください。
イエスの復活

(2011.04.24)

聖書箇所:
マタイによる福音書28章1〜10節

1 さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った。
2 すると、大きな地震が起こった。主の天使が天から降って近寄り、石をわきへ転がし、その上に座ったのである。
3 その姿は稲妻のように輝き、衣は雪のように白かった。
4 番兵たちは、恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。
5 天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、
6 あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。
7 それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」
8 婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。
9 すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。
10 イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」

1.日曜日の意味
(1)イエスの復活を喜び、その証人となる

 今日はイエス・キリストの復活をお祝いするイースターの礼拝です。イースターはキリスト教会ではとても大切な祝日の一つですが、私たちの住んでいるこの日本の社会ではまだあまりポピュラーなものではないようです。同じようにキリスト教の祝日の一つであるクリスマスを知っている人はたくさんいても、イースターを知っている人はあまり多くはありません。そして「イースター」と言う名前を知っている人の中でも、「たぶんそれは欧米のお祭りの一つだ」くらいの認識にとどまる人が多いはずです。
 ところが教会にとってこのイースターはなくてはならないものであると言うよりも、このイースターがなかったら教会は存在することができないとまで言えるものなのです。なぜなら、私たちが今このように守っているキリスト教会の礼拝はこのイースターによって始まったからです。今日の聖書の箇所にもこのイースターの出来事を経験した人々の物語が記されています。「さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に」(1節)と物語の最初に記されているように、この出来事は安息日(土曜日)の次の日、つまり日曜日に起こったことが分かります。教会の礼拝はこの聖書の物語に登場する人々が日曜日の朝に復活されたイエスに出会ったことから始まっているのです。つまり私たちが守っている礼拝は、復活されたイエスに出会った人びとが喜びながら神様を礼拝したことが起源となっているのです。
 ですから教会の礼拝は、毎日曜日、復活されたイエスを喜び祝うために献げられているとも言えるのです。そしてその礼拝に集められている私たちはこのイエスの復活を喜ぶことだけではなく、同じようにイエスの復活を他の多くの人々に伝える責任を負っているのです。キリストを信じて生きるものは、言葉を換えて言えばイエス・キリストの復活と言う事実を喜び、その事実を証言するために生かされている者たちであると言えるのです。

(2)復活なしのキリスト教はありえない

 「私はイエスの復活はどうも信じることができないが、他の聖書の教えはとても素晴らしいと思っている」。そんなことを言う人がときどきおられます。たとえばイエスの語られた山上の説教の教え(マタイ5章〜7章)はとても好きだと言う人がいるのです。そして「できれば復活は抜きにして、そこだけを教えるキリスト教会があるならば自分も礼拝に出席したい」と考える人もいるのです。ところが、聖書を読んでみると分かるようにキリストの復活はキリスト自身が生前からすでに何度も預言していたことなのです。すると、キリストの復活はでたらめでだと考えるならば、イエスはその偽りを語った虚言癖のある人間となってしまいます。そうなるとどんなにそのイエスが素晴らしい教えを語ったとしても、その教えは信じる値しないものになってしまうのではないでしょうか。
 また、キリストの復活と言う事実を熱心に伝えたのはペトロを始めとするイエスの弟子たちでした。彼らの熱心な伝道活動によってキリスト教会は始められたと言っていいのです。もし、聖書に記されているキリストの復活についての彼ら弟子たちの証言が偽りでしかなかったとしたら、キリスト教会の存在はその根底から揺るがされることになってしまいます。しかし聖書を読む人が誰も認めることはこのキリストの弟子たちの人生がキリストの復活と言う出来事を通して劇的な変化していると言う事実です。彼らの人生が大きく180度変わってしまうのは、キリストの復活の出来事を通してなのです。このようにキリストの復活はそれに出会う者の人生を変える力を持っているのです。
 この同じ力は2000年のキリスト教会の歴史の中で続けて発揮されてきました。キリストの復活と言う出来事には人を変える力があるのです。その理由は実際にイエスが甦り、今も信じる私たちの上に働いてくださっているからであると言えるのです。イースターはそのような意味で2000年前の日曜日の朝に起こった出来事を明らかにすると同時に、今、キリストを信じて集まっている私たちの信仰生活に起こった出来事の意味を明らかにすることでもあるのです。

2.復活を信じるために
(1)信じたいが信じられない

 「死人が甦る」、多くの人がイエスの復活を信じることができない障害となっている一番の原因は、私たちが自分の人生で経験したことから得る知識や知恵でこの出来事を判断しようとするからです。私たちは死んだ人が生き返ったと言う事実を一度も経験したことがないのです。もちろんそれは一時的に人が生き返る、「蘇生」のような経験を言っているのではありません。私たちがいつも頼りにする科学的知識も人間の経験に基づいて立てられた仮説の上に立てられています。ですから、その科学的知識を持ってしてはイエス・キリストの復活を証明することはできませんし、復活の意味を明らかにすることもできないのです。
 私がこのお話を準備するために読んだ説教集の中であるカルヴァンの研究家で、有名な説教家でもある竹森満佐一と言う人はたいへんおもしろいことをその説教の中で語っています。キリストの復活を信じられない人はたくさんいるのです。しかし、その一方で「これが本当だったらな」と期待している人も多いのではないかと言うのです。私たちは自分の人生において必ず死を経験しなければなりません。ある人は「私たちは誰もが死刑執行の日を待っている死刑囚のようなものだ」と言ったといます。誰も自分も死から逃れることはできません。せいぜい、そのことを一時忘れることはできても、死の力は私たちを捕えて離すことはないのです。だからこそ私たちはこの死に勝利するができると言うこと、死から甦ったイエスの復活の出来事を耳にするとき、「そんなことが本当だったらどんなによいだろか」、そして「自分もそのよう復活できればいいのに」と思うと言うのです。しかし、それにも関わらず私たちの経験は「そんな都合のよいことなどあるはずがない」と私たちに語りかけます。だから、私たちはこの出来事を信じたいけれども、信じられないと言うジレンマに陥ってしまうのです。

(2)マグダラのマリアがイエスと出会った

 そこでは竹森氏の説教は今日のマタイによる福音書の物語の登場人物に注目しているのです。

「さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った」(1節)。

 他の福音書によればイエスの墓に向かったのは複数の女性たちであったことが分かります。ところがこのマタイによる福音書では二人の女性の名前だけが記されています。「マグダラのマリアともう一人のマリア」、そして「もう一人のマリア」です。この「もう一人のマリア」については「ヤコブの母マリア」と他の福音書では説明されています。イエスの弟子は男性だけではなく、たくさんの女性たちがいたと言われています。そしてその女性たちのほとんどはイエスによって病や悪霊から解放された経験を持つ人々であったと言われているのです(ルカ8章2節)。その女性たちの中でもマグダラのマリアは特に「七つの悪霊を追い出していただいた」と言う説明がつけられています(ルカ8章2節、マルコ16章9節)。つまり、このマリアが以前抱えていた問題は他の人とは比べものにならないほど深刻であったと言うことがこの言葉に表現されているのです。
 この女性たちのイエスに対する関心と他の男性の弟子たちが持っていた関心は違うところがあるような気がします。ほとんどの男性の弟子たちはイエスが救い主として行動し、地上で革命を起こして、新しい政権を立てるためにやってきたと考えていました。そして彼らが一番に持った関心は、そのときに自分はどのようにすばらしい地位につけるかと言うことだったのです。つまり自分はどれだけ偉くなれるかと言う関心です(マタイ20章20〜28節)。しかし、マグダラのマリアはイエスに抱いた関心はたぶん彼らとは違っていたはずです。彼女は悪霊に支配されていた自分をイエスに救っていただいたと言う経験を持っていたからです。だからマリアは自分に新しい人生を与えてくださったイエスにどこまでもお従いしようと願っていたのです。
 この悪霊の支配を私たちの現代の生活に適応するなら、それは私たちの罪の問題であると考えることができます。なぜならこの罪の力は私たちを支配、私たちを死と滅びへと誘う原因となっているからです。そしてその罪と向き合い、その罪からの救いをイエスに求め続ける者、それがここに登場するマグダラのマリアの姿なのです。イエスはこのマグダラのマリアの前に復活されたご自分の姿を真っ先に現されたのです。
 私たちが復活のイエスに出会い、またその証人となるために重要なのは、私たち自身が自分の抱える罪の問題を自覚し、その救いをイエスに求めることが大切なのです。そしてそのようにイエスに罪の赦しを求める私たちにイエスは復活されたご自身の姿を表わしてくださるのです。イエスはご自分が復活されたと言う動かしがたい証拠を私たち一人一人の心に聖霊の御業を通して刻みつけてくださるのです。

3.復活の喜び
(1)死に勝利されたイエス

 そこでこの竹森氏の説教は自らの罪の問題に向き合って、イエスに救いを求めたマグダラのマリアにイエスが語られた言葉に注目しています。「恐れることはない」(10節)。このイエスの言葉はむしろ「喜びなさい」と訳してよい言葉だと言います。復活されたイエスは彼女にまず「喜びなさい」と語りかけられたと言うのです。つまり、この復活の出来事を通してマリアが本当に喜ぶことができることが実現したのです。
 マリアの抱えていた問題は人間の罪の問題であると言いました。そうであるならば、彼女が喜ぶ出来事とはこの罪の問題が解決したと言うことになると思います。イエスの復活は私たちを支配している罪の問題が解決したことを告げているのです。イエスの復活によってイエスは死に勝利されました。そしてこの人間の死の問題は、人間の抱える罪の問題によって引き起こされていることを聖書は教えているのです。人は命の源である神様と共にある限り、生きることができます。人間の罪は私たちを神様から引き離し、命の源から遠ざける結果となりましたから、そこに人間の死が訪れるのです。イエスは十字架の贖いによって私たちの罪の問題を解決されました。私たちと神様との関係が回復されたのです。ですからイエスの復活は私たちの命が回復したことを表わしているのです。私たちはこのイエス・キリストの復活によって罪と死から解放されたのです。だから、それは私たちにとって喜ぶべき出来事だと言っているのです。

(2)私たちの救いの保証

 さらにこのイエス・キリストの復活によって私たちに与えられる喜びについてもう少し考えてみましょう。ある人は「私たちがイエスによって救われているかどうかは天国に行ってみて始めて分かるものだ」と言います。この言葉を少し言い換えれば、「私たちはこの地上に生きている間は、自分が救われているかどうかは結局、分からない」と言っているのと同じです。「だから救いからもれることがないように、がんばらなくてはならない」と教える人がいるのです。
 確かに信仰に熱心になることは大切です。しかし、このような動機によって起こされる信仰の熱心にははたして本当の「喜び」があるでしょうか。いくらいいことが聖書に約束されていても、それが本当に自分のものになるかわからないのなら、私たちの喜びは「ぬか喜び」になってしまいます。
 だから復活されたイエスが私たちに「喜びなさい」と言われるのは、私たちの救いはそんな曖昧なものではなく、「私が復活した以上は確かなものになったのだ」と言っていることになるのです。だから私たちは本当に喜んでいいのです。なぜなら、イエスを信じる者は自分の将来も過去もこのイエスを通して見ることが許されているからです。つまり私たちの信仰の確信は、私たち自身を見つめるだけでは生まれてこないのです。そうではなく、私たちのために生き、私たちのために死に、私たちのために甦ってくださったイエスの姿を通して、私たちもまた神様によって同じ取り扱いをされていると言う確信を抱くことができるのです。
 キリストは間違いなく復活されました。だから私たちは間違いなくこのイエスによって罪と死から解放され、新しい命へと甦らせられたのです。私たちもまた復活することができるのです。このようにこのイースターの朝に起こった出来事が私たちの人生を全く変えてしまったのです。だから、私たちはこのイースターの出来事を喜び、さらにたくさんの人々に証言することが許されているのです。

【祈祷】
天の父なる神様。
 私たちのためにイエス・キリストをこの地上に遣わし、私たちを罪から解放し、死から命へと導いてくださる救いの御業に心から感謝いたします。私たちはその救いが確実であることを、キリストの復活の出来事を通して確信することができます。キリストの復活によって、本当の喜びを与えられたことを感謝し、あなたに礼拝を献げ、さらに多くの人にイエスの復活を証言することができるものとしてください。
主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

このページのトップに戻る